福岡市|画材|額|東美 福岡店

額縁

額

東美 福岡店では油額・水彩額・デッサン額・大型額・仮縁・書道額・色紙額・賞状額 などを取り扱っております。また作品に合わせてのマット加工や特別なサイズにあわせて作るオーダーフレームも注文を承っています。

額のお直し

東美 福岡店ではお客さまがお持ちの額のお直しを行っています。 下記のことでお悩みの方は是非ご来店ください。

  1. ガラスが割れた/ガラスを軽い素材に変えたい
            →アクリル板という素材で対応させて頂きます 
  2. 紐が切れそうで心配     → 額専用の紐を切り売りします
  3. 金具が錆びてしまった    → 金具を小売りします
  4. マットが変色・カビが生えた → 新しいマットの購入をお勧めします
  5. 収納の箱がボロボロ     → 新しく作り替えを行っています

ご利用についての注意

・額の劣化・破損が著しい場合はお断りをさせて頂きます。
・角割れやかけなどは状態により修繕が出来ない場合があります。
・金箔や銀箔の修復は行っていません。
・絵の保存や修復は行っていません。

油額

abura

 

 

 油額
 F0号からF30号までは常時在庫しています。
 特価品額から高級額まで各種豊富に取り揃えています。

 その他 特別寸法額ーミニアチュール額があります。

 ハガキサイズ・スクエア・縦長
 など既製品には無いサイズを取り揃えています。
 全てキャンバス付き。
 特別なサイズで描きたい方にはおすすめします。

 ※この商品につきましては在庫のみで対応さして頂きます。

水彩額

waterframe

 

水彩額に作品を入れるにはマット(紙製の台紙)と呼ばれる厚さ2ミリほどの中抜きした台紙をガラスと絵の間に挟みます。マットは作品とガラスが密着するのを防ぐ役割を果たしてくれます。そして作品の見栄えを良くしてくれるアイテムです。作品の見栄えをよくするためマットの切り口に金を入れたり違う色を重ねるダブルマットなど様々な加工方法があります。

額を選ぶ時にはマットもゆっくり吟味してください。ステキな1枚に仕上がります。

マットの幅は最低でも5cmは必要とされています。額を選ぶときは作品より一回り大きいサイズを選んで額装を行います。

オーダーフレーム

大切なユニフォームなど、大切な一品を額に入れて飾ることができます。記念日に飲んだワインボトル(ラベル)、お土産で買ってきたお皿などの立体物も額装できます。まずはご相談ください。その上でどのような形で残すか、専門スタッフがアイデアを出して額装していきます。

展示会用出品額

oogata仮額縁

公募展などに使用される組み立て式アルミフレームです。
F・P・M  0号から100号以上まであります。

飾り換えのおおい展示会に出展される方にはおすすめです。

油額

shoujou

賞状額縁の場合基本的に額縁寸法が賞状サイズになるためマットを使用しないで飾ります。賞状にはさまざまな寸法がありますのでサイズが無い場合は別注対応しています。

当店では賞状額には水彩額にいれて飾ることをお勧めしています。左画像のような水彩額にマットを合わせて飾ると賞状をとても引き立たせてくれるものに仕上がります。

主な賞状サイズ

中賞 379×273
A3 420×297
大賞 439×318
褒賞 517×367

 

手ぬぐい額

yamagasa

手ぬぐいの一般的な寸法は『350×900』です。そのため手ぬぐいを入れる専用の額は手ぬぐいよりも少し小さく340×890で作られています。裏打ちの上、断ち落としてから額に入れています。

営業時間のご案内

月曜日~土曜日
10:00~19:00

日曜日 
11:00~18:00

定休日 
祝日・第一、第三日曜日

TEL/FAX
092-822-7113

店舗写真

営業日カレンダー

特別展浄土九州・オークラコレクション 前売り券販売中です